屋外用電動車椅子(シニアカー・簡易電動型)おすすめ8選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

2021年最新の自走(利用者が自身で操作)ができる屋外用電動車椅子のおすすめ製品をご紹介します。

免許返納したが、屋外を移動する手段が欲しい。

下肢に疾病があるので、長距離は歩行できないが、スーパーや散歩に出かけたい。

生活環境や身体状態の変化があった高齢者は、上記の悩みのように、移動の制限によって、生活範囲が狭くなり、生活に不便を感じたり、社会性が低くなってしまう原因にも繋がります。

福祉用具の中で、安全に屋外を移動する手段の一つとして、シニアカー(ハンドル型電動車椅子)のおすすめ製品を紹介させて頂きます。

本記事では、屋外で自走ができる電動車いすの中でも、シニアカー(ハンドル型)と呼ばれる電動車いすと、簡易電動型の電動車いすに分けてご紹介いたします。

シニアカー(セニアカー)とは

シニアカーは、走行性、安全性に優れた電動車いすです。電動モーター駆動なので、歩行せず屋外を移動することができます。

手元のハンドルで前進後進、速度調整ができるため、運転方法も簡単な仕組みになっています。また、道交法上、歩行車と同じ扱いのため、免許不要で行動を走行することができます。

シニアカーは、安全性に配慮された仕様になっていますが、操作する方の能力が不十分な場合や、使用する道路環境が悪い場合には、安全な移動が確保できないので、導入を控えることも必要です。導入される前には、ご家族などの周囲の方に相談するようにしましょう。

簡易電動型車椅子とは

簡易電動型車椅子は、自走型車椅子のフレームに電磁式モーターユニットを装着した、電動車椅子です。

手元のジョイスティックレバーを操作することで、車椅子を自在に動かすことができるので、握力や腕の力が弱い方の操作にも対応しています。

通常の車椅子と寸法がほぼ変わらないので、小回りが自宅など室内で利用されている方も多いタイプです。

タイヤが通常の車椅子と同じなので、オフロードや段差には対応が難しいです。屋外で使用する場合は、舗装された段差がない場所での使用が想定されます。

車輪には、ハンドリムが付いているため、電動と手動を切り替えて使用することも可能です。

屋外用電動車椅子(シニアカー)おすすめ8選

シニアカー(セニアカー)

スズキ ┃ セニアカー ET4D

出典:スズキ株式会社
出典:スズキ株式会社

自動車メーカーのスズキが販売する安心のための性能と仕様の電動車椅子(セニアカー)です。

わかりやすく感覚的に操作しやすいハンドル周りになっています。

ハンドル手元にあるレバーが自動車で言うアクセルになっており、握ると前進または後進します。

バッテリー警告や後進時などの走行案内を音声でお知らせするので、視覚以外でも安全を確認しながら運転することができます。

買い物に便利な大型バスケットや車椅子前後のLED点滅ランプ、左右バックミラーなど標準仕様で充実した装備が備わっています。

スズキのセニアカーラインナップには、ET4Dの下位機種である、ET4Eとコンパクトで小回りが利くタウンカートがありますが、セニアカー(ET4D)は、スズキの下位機種よりもバッテリー性能が高く、連続走行距離が長いので、ある程度の長距離走行を想定している場合は、ET4がおすすめです。

セニアカー ET4D、ET4E、タウンカートの性能・主要装備の違い
ET4DET4Eタウンカート
寸法(全長×全幅×全高)1,195×650×1,145mm1,195×650×1,145mm1,140×670×1,090mm
総重量(バッテリー含む)100kg83kg88kg
シート寸法420×400×450mm420×400×450mm420×350×460mm
最高速度(前進)1~6km1~6km1~6km
最高速度(後進)1~2km1~2km1~2km
実用登板坂角度10°10°10°
連続走行距離※31km19km22km
最小回転半径(最外側)1,450mm1,450mm1,100mm
溝乗越幅100mm100mm100mm
使用者最大体重(積載物含む)100kg100kg75kg
バックミラー左右左のみ(オプションで右側取付可)左右
ヘッドライトLED点滅
フロントレッグシールド
買い物フック
後方LED点滅ランプ
シート前後調整30mm30mm60mm
走行距離計
充電案内表示灯
音声案内機能
傾斜表示機能
フロントバスケットカバー○(オプション)
リヤバック
ステッキホルダー
松葉杖ホルダー
※連続走行距離は、使用環境や運転方法によって異なります。 

セリオ ┃ 遊歩スマイル

出典:Amazon.co.jp
出典:セリオ

スズキのセニアカーと同様、安心のための性能と仕様の電動車椅子(電動カート)です。

速度切替、前進後進切り替え、アクセル、ブレーキなどの操作は、ほぼスズキET4Dに近い仕様となっています。

遊歩スマイルは、盗難抑止機能や四点杖ホルダーや松葉杖ラック、酸素ボンベキャリーラックなどオプション品が充実しています。

四点杖や松葉杖を専用ラックなしで、電動カートに積載するのは、走行時に危険なので、必要な方には、とても助かるオプションです。

松葉杖ラック
出典:セリオ

また、酸素ボンベを常用している方に、酸素ボンベキャリーラックのオプションが用意されている点も、利用者ニーズをよく汲み取っていると思います。

酸素ボンベキャリーラック
出典:セリオ

セリオ電動カート遊歩スキップと比較した、性能と仕様は以下のようになります。

遊歩スマイルと遊歩スキップの性能・仕様の違い
遊歩スマイル遊歩スキップ
連続走行距離※30km23km
速度(前進)0.5~6km0.5~6km
速度(後進)0.5~2km0.5~2km
実用登板角度10°10°
段差乗越え高さ80mm以下80mm以下
溝乗越え幅120mm以下120mm以下
使用者最大体重
(積載物含む)
100km75km
寸法(全長×全幅×全高)1,195×650×1,080mm1,090×560×1,080mm
最小回転半径
(機体最外側)
1,460mm1,250mm
傾斜センサー
盗難抑止機能
バックミラー左右片側のみ
(オプション取付可)
ステッキホルダー
四点杖ホルダー
リヤバッグ
リヤバスケット
(※要申請)
松葉杖ラック
(※要申請)
酸素ボンベキャリーラック
(※要申請)
※連続走行距離は、使用環境や運転方法によって異なります。 ※リヤバスケット、松葉杖ラック、酸素ボンベキャリーラックの取付は、道交法上、管轄の警察署へ届け出が必要です。

次世代型電動車椅子

WHILL ┃ WHILL Model C2

出典:Amazon.co.jp

未来的でおしゃれなデザインが印象的な次世代型電動車椅子です。

回転半径が76cmと小回りが利き、シニアカーよりも小型で通常の車椅子に近い寸法の為、店内など屋内の移動も可能です。

出典:Amazon.co.jp

電動車椅子としては、シニアカートと簡易電動型(この後紹介します)の中間的な存在です。

WHILL Model C2は車両本体を3分割することで、車両への積載が可能です。家族との外出先での使用を想定されている場合にも対応が可能です。電動車椅子なので、分割しても1パーツが20kg近い重量になりますが、車載できると使用範囲も広がるので便利です。

操作方法は、シニアカーとは異なり、手元のスティックで操作を行います。直感的に操作することができます。

出典:Amazon.co.jp

小回りが利き、屋内移動も可能なため、近距離や街中での移動を想定されている方におすすめの製品です。

シニアカーのように、ヘッドライトやブレーキランプ、ウインカーなどが標準装備されていないので、薄暗い時間帯や比較的交通量の多い場所で使用することがある方には、シニアカーが装備的に安心かと思います。

WHILL Model Cの仕様
WHILL Model C
走行距離16km※
最高速度6km
段差乗越5cm
登板力10°
最小回転半径760mm
サイズ
(幅×長さ×高さ)
550×985×740-940mm
重さ約52kg
フロントタイヤオムニホイール
リヤタイヤノンパンクタイヤ
アーム跳ね上げ式
最大荷重115kg
バッテリーリチウムイオン
使用環境-15℃~40℃
※走行距離は路面状況など使用環境により変化します。

簡易電動型車椅子

ヤマハ発動機 ┃ JWアクティブ PLUS+

出典:ヤマハ発動機

JWアクティブPLUS+は、ヤマハの車いす用電動ユニットJWX-1 PLUS+を装着した電動車椅子です。

手元のジョイスティックにより、その場での旋回や細かな動きも可能な為、自宅の通路など比較的狭い通路での走行も可能です。ジョイスティックを倒すだけで車椅子を操作することができるので、ハンドルタイプでの操作に不安がある方にも対応が可能です。

速度の調整やジョイスティックの感度など細かな設定が可能なので、利用者の使用環境に合わせて使用することができます。

出典:ヤマハ発動機

JWアクティブPLUS+は、転倒防止バーが正しいポジションになっていないと、走行ができなくなるなど、安全に配慮されていますが、簡易電動型車椅子は、車体が傾きやすく、傾斜や段差が少ない場所で使用するようにしましょう。

PタイプとSタイプの違い

JWアクティブPLUS+には、仕様の異なるPタイプとSタイプがあります。

下記の表で仕様の違いを比較したいと思います。

出典:ヤマハ発動機
出典:ヤマハ発動機
JWアクティブPLUS+PタイプSタイプ
フレーム色ガンメタリックスーパーホワイト
アームサポート調整方法
アームサポート跳ね上げスカートガードからの跳ね上げ
アームサポートのみの跳ね上げ
フットレッグサポートの外し方
カラーキャップストームシルバーホワイトパール
背張り調整
標準寸法※
折りたたみ寸法※
※24インチ使用の数値を表示し、
22インチ仕様で数値が異なる場合は()で示しています。

JWアクティブPLUS+の仕様
JWアクティブPLUS+
フレーム種類PタイプまたはSタイプ
車輪径22インチまたは24インチ
最高速度設定4.5km/h仕様または6km/h仕様
自走用操作分位置右または左
介助用操作部オプションでコントローラ及び介助ブレーキを取り付け可
バッテリー種類ニッケル水素 オプションでリチウムイオンを選択可
寸法Sタイプ22インチ:1,000×640×880mm
Sタイプ24インチ:1,025×640×880mm
Pタイプ:1,035×630×870mm
座幅/前座高/後座高Sタイプ:400/440/410mm
Pタイプ:390/440/410mm
重量(バッテリー含まず)Sタイプ:27.4kg
Pタイプ:28.7kg
耐荷重100kg
走行速度4.5km/h仕様:前進1.7~4.5km/h 後進:0.9~2.3km/h
6.0km/h仕様:前進1.7~5.7km/h 後進:0.9~2.8km/h
実用登板角度
バッテリー重量/容量ニッケル水素:2.9kg/24V×6.7Ah
リチウムイオン:3.6kg/25V×11.2Ah
充電時間約4.5時間
電動走行距離(4.5km/h仕様)ニッケル水素:15km/1充電
リチウムイオン:30km/1充電※
電動走行距離(6.0km/h仕様)ニッケル水素:16km/1充電
リチウムイオン:32km/1充電※
※使用環境により異なる

ヤマハ発動機 ┃ タウニィジョイX PLUS+

出典:ヤマハ発動機

タウニィジョイX PLUS+は、ヤマハの16インチ車いす用電動ユニットJWX-1 PLUS+を装着した電動車椅子です。

JWアクティブ PLUS+と比べて、軽量・コンパクトなので、介助者の負担軽減につながる仕様です。

タウニィジョイX PLUS+の仕様

タウニィジョイX PLUS+
自走用操作分位置右または左
介助用操作部オプションでコントローラ及び介助ブレーキを取り付け可
バッテリー種類ニッケル水素 オプションでリチウムイオンを選択可
寸法1,015×595×880mm
座幅/前座高/後座高410/430/415mm
重量(バッテリー含まず)26.5kg
耐荷重75kg
走行速度前進1.6~4.6km/h 後進:0.9~2.3km/h
実用登板角度
バッテリー重量/容量ニッケル水素:2.9kg/24V×6.7Ah
リチウムイオン:3.6kg/25V×11.2Ah
充電時間約2.5~3時間
電動走行距離ニッケル水素:16km/1充電
リチウムイオン:27km/1充電※
※使用環境により異なる

簡易電動型車椅子は、転倒防止バーが付属していますが、後傾しやすいので、安全のため段差や舗装されていない道、急な坂道などの走行に支障がない場所で使用するようにしましょう。屋内と屋外兼用して使用したい方におすすめのタイプです。

まとめ

今回は、シニアカー(セニアカー)と簡易電動型車椅子に分けて、電動車椅子のおすすめ製品を紹介させて頂きました。

各メーカーで安全性に配慮された仕様ですが、身体状態と使用環境に合った製品を選定して、安全に使用して頂きたいと思います。移動負担の軽減や行動範囲が広がることで、充実した生活を送って頂けると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました