メンテナンスが楽な車いす ミキ ジターン(STR/JNT)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

出典:楽天市場

車いすのパーツの中でも最も汚しやすい部分なのが、座シートです。食事をこぼしたり、失禁してしまうことは、車いすを自宅や施設等で常用していると良くある事柄です。

もう一つ、車いすのパーツでゴミが付着しやすくて、磨耗しやすいのが、キャスターです。
室内で車椅子を使用していると、ホコリや髪の毛等が絡まるので、掃除するのに結構な労力が必要です。

一般的な車いすは、座シートがフレームと一体になっているので、取り外して洗ったり、交換するのは困難ですが、車椅子メーカーのミキから販売されている”サニタリー車いすジターンシリーズ”は、座シートやキャスターの交換を容易に行うことができます。

衛生面で何かと気を遣う時代ですし、車いすを長く使うと、パーツの交換が必要になってくるので、車いすを長持ちさせる上でも、メンテナンスしやすいサニタリー車椅子はおすすめの製品です。


サニタリー車いすジターンの特長

シート交換が容易に行える

通常の車いすは、座シートがフレームにビス留めされていますが、サニタリー車いすジターンは、ビス留めがない仕様なので、工具を使う必要もなく、簡単にシートを脱着することができます。

出典:楽天市場

食事で汁物をこぼしたり、失禁してしまった場合、これまでの車いすは、座面を洗剤をスプレーして、拭き取るくらいしかできませんでしたが、サニタリー車いすジターンは、容易に座シートを取り外して洗濯することが可能です。

出典:楽天市場

座シートを洗うと乾燥するまで車いすを使用できないので、洗い替え用にスペアのシートを購入することもできます。

また、汚れが広範囲の時には、背シートの脱着も容易にできますので、シートを全体的に取り外して掃除することができます。感染症対策で車椅子全体の除菌などを行う際には、大変便利です。

出典:楽天市場

キャスター交換が容易に行える

車いすのキャスターは、髪の毛等のゴミがキャスターの軸に絡まってしまうと、掃除するのが大変ですし、スムーズな走行に支障をきたすこともあります。

出典:楽天市場

サニタリー車いすジターンは、工具を使わずにキャスターの脱着も可能です。
室内で車いすを常用されている方は、定期的なキャスターの掃除ができますし、外出先で使用した車いすを室内で使用する時にもキャスターの拭き掃除がしやすいので、衛生的です。

出典:楽天市場

また、キャスターは、長く使っていると、磨耗してきます。キャスターが磨耗すると車いすをスムーズに操作しにくくなるので、数年で交換が必要になりますので、交換する時にメンテナンスを楽に行うことができます。


バリエーションが豊富

サニタリー車いすジターンは、使用ニーズに合わせて、様々なタイプが用意されています。
また、より衛生的に使用したい方には、抗菌加工仕様もラインナップされています。

サニタリー車いす JTN(ジターン) ジェーティーエヌ シリーズ
JNT-1自走型スタンダードモデル
JNT-2介助型スタンダードモデル
JNT-3自走型
ウィングスイング仕様
JNT-4介助型
ウィングスイング仕様
JNT-1B自走型スタンダードモデル
足踏み駐車連動ブレーキ付
JNT-2B介助型スタンダードモデル
足踏み駐車連動ブレーキ付
JNT-3B自走型
ウィングスイング仕様
足踏み駐車連動ブレーキ付
JNT-4B介助型
ウィングスイング仕様
足踏み駐車連動ブレーキ付
抗菌加工シートタイプサニタリー車いす STR エスティーアールシリーズ
STR-1自走型スタンダードモデル
STR-2介助型スタンダードモデル
STR-3自走型
ウィングスイング仕様
STR-4介助型
ウィングスイング仕様
STR-1B自走型スタンダードモデル
足踏み駐車連動ブレーキ付
STR-2B介助型スタンダードモデル
足踏み駐車連動ブレーキ付
STR-3B自走型
ウィングスイング仕様
足踏み駐車連動ブレーキ付
STR-4B介助型
ウィングスイング仕様
足踏み駐車連動ブレーキ付

まとめ ーサニタリー車いすジターンの導入メリットー

サニタリー車いすジターンの導入メリットは、大きく2点挙げられます。

・在宅、施設問わず、車いすの清掃、メンテナンスの効率が上がる(時短)
・衛生的な仕様で、感染症対策になる

感染症対策が日々の業務負担になっている昨今では、清掃やメンテナンスの効率が上がると、在宅、施設問わずメリットが大きいです。時代のニーズに合った機能なので、今後は福祉用具全般で、メンテナンスのしやすさ、衛生的な製品が標準化していくのではないでしょうか。

衛生的に使用できるおすすめのサニタリー車椅子”JTN(ジターン)シリーズ”、”SRTシリーズ”をご紹介させて頂きました。

別記事にて、他製品の紹介もさせて頂いておりますので、よろしければ、ご覧ください。

最軽量車いすミキのカルッタ”CRT-1 ”のレビューとシリーズ比較
ミキ(MiKi)の軽量車いすCRTシリーズの紹介をしています。軽量コンパクトな仕様で、利用ニーズに応じた多彩なラインナップがあります。肘掛はねあげ、足台取り外し、低床タイプ、ノンバックブレーキシステム、ノーパンクタイヤ、ティルト・リクライニング機能があります。
【2021年最新】軽量車いす徹底比較~自走型編~
重量のある車いすは、自走時に重く感じますし、収納や積載する時の負担軽減につながります。今回は、本体重量10㎏台(一部11㎏台もあります)以下の超軽量な車いすをまとめましたので、ぜひ参考にして下さい!
屋外用電動車椅子(シニアカー・簡易電動型)おすすめ8選
2021年最新の電動車椅子のおすすめ製品をシニアカー、簡易電動型紹介しています。スズキ・セニアカー、セリオ・遊歩スマイル、WHILL・WHILL Model C2、ヤマハ・JWアクティブPLUS+・タウニィジョイX PLUS+の特長や仕様を掲載しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました